寺院一覧 > 寺院詳細

雲英山 うんえいざん 水月院 すいげついん

第2教区 [0135]

  • 住所

    〒920-0226 石川県金沢市粟崎町タ-1-18

  • TEL

    076-238-9214

基本データ

  • 創建年

    延宝3年(1675)

  • ご開山

    傑外雲英大和尚

  • 開基

    滴水祖源尼

  • 住職名

    久保慧光

  • ご本尊

    釈迦牟尼仏

寺院のご紹介

お寺の歴史や通称

不破河内守彦三勝次(織田信長家臣で府中三人衆の一人)が前田利家の客臣となり、尾山城に入城し禄高三万三千石を拝領しました。港の警護を兼ねて現在の五郎島地区に居住。慶長2年(1597)、不破家菩提寺として廣誓寺が五郎島に最初に建立されました。慶安3年(1650)に廣誓寺が移転をする際、五郎島の村人が懇請し、廣誓寺跡地に、末寺として水月庵を建立されました。金沢港建設に伴い昭和50 ~ 57 年(1975 ~1982)にかけて粟崎町地内に集団移転し、水月庵を水月院と改めて、現在地に新たに建てられました。廣誓寺2世傑外雲英大和尚が開山となり、弟子でありました祖源尼が初代の庵主となり、歴代、尼僧の住職がお守りしています。

行持

年中行持

新年大槃若会祈祷法要 1月13日
初観音講、婦人講、合同法要 1月18日
涅槃会、だんごまき 2月15日
施食会法要 7月2日
地蔵祭 9月24日

通例会

観音講(庚申講や、他の行事との兼ね合いで今年は次の月に厳修されます)  1月、3月、6月、8月、10月、12月
庚申講 (庚申の日が60日周期で動くので行事のある月が変わっていきます) 1月、3月、5月、7月、9月、11月

拝観

拝観の可否 本堂など伽藍内可能
拝観不可の日 住職在住の時のみ
拝観時間 要予約
バスの駐車 中型可
バス・電車 金沢駅西口(金沢港口)4番乗り場。70、71番系統。「粟崎南口」バス停下車。徒歩10分程です。

その他情報

本寺 廣誓寺様

10月18日(金)観音講  夜7時半打ち出し
 ご法話は 西養寺様です。
だんだん、日も短くなり始める時期、またお芋の収穫も最盛期です。
大変お忙しく、お疲れの事と思いますが、どうぞお参りください。


10月20日(日)
坐禅と写経の会(もちろんひとりでもやるよ!土日バージョン)
一時半より4時頃まで

自分ひとりでもやりますので、どうかご参加ください。

坐禅と写経の双方に対応できます。
お仕事をお持ちの方で、土日しか参加できないという方にお勧めです。
用紙、用具は当方にご用意がございます。費用は掛かりません。
もちろん、平日も大丈夫だが、この日にちの方が都合が良いという方も、ご参加下さい。





お知らせ
11月は報恩講の月で、14、15、16日の3日間で各檀信徒各家をお参りさせていただきます。
常のお月参りはお休みさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
(報恩講として、お参りしていない御家は、
常のお参りを、ご希望の日にさせていただきます。)

報恩講のお参りの詳しい日程は、10月のお参りの時や、事前のお電話にてご案内いたします。


11月6日(水) 水曜日のご要望が多いようですので、
        10月9日の写経会でこのように決めさせていただきました。

 午後1時30分より4時頃まで  坐禅と写経の会(もちろんひとりでもやるよ!平日バージョン)
費用のご心配はなさらないでください。今は、試行錯誤の時期ですので。
用紙、用具のご用意は当方にございます。
お書きになりやすい筆ペンなどがよろしいようでしたら
お持ちください。

椅子坐禅も、いつも通り少しやってみましょう。
また、御詠歌をおとなえしたいという、ご要望がありました。
取り組みやすい歌を選んで、ほんのちょっとだけ、ためしてみましょうか?

7、8、9月は 南こうせつ作詞作曲の御詠歌「まごころに生きる」をおとなえしました。
楽譜を使ってのお唱えです。もう、ばっちり!です。

10月は、同じくみなみこうせつさんの作詞作曲「澄みわたる空」を合唱しました。
この所事情で少し準備が一杯一杯で、合唱されている方々に随分助けていただきました。
それから、無罣礙(むけいげ)の状態について、皆さんと話をしました。

坐禅をおひとりで長くされた方もあり、椅子座禅をすればよかったなと反省しております。


11月19日(火)庚申講  夜7時半打ち出し
ご法話は 廣誓寺様です。本年最後の庚申講となります。
そろそろ、夜は冷えてくるころかと思いますが、ぜひお参りください。



11月24日(日)
坐禅と写経の会(もちろんひとりでもやるよ!土日バージョン)
一時半より4時頃まで

自分ひとりでもやりますので、どうかご参加ください。

坐禅と写経の双方に対応できます。
お仕事をお持ちの方で、土日しか参加できないという方にお勧めです。
用紙、用具は当方にご用意があります。費用は掛かりません。
もちろん、平日も大丈夫だが、この日にちの方が都合が良いという方も、ご参加下さい。